素敵な新居選びは不動産会社を選ぶところから始まっている

つみ木の家

費用を抑える

模型の家

進学や就職で新しい土地に住むことが決まったときにまずしなくてはいけないのが新居探しです。新しく住む家を探すために不動産会社のホームページを見るという人は少なくないでしょう。新居へ引っ越すためには、引越代や新居の契約にたくさんの費用を使うことになります。少しでも費用を安く抑えたいと考えている場合はどのような物件を選べばいいのでしょうか。まず、賃貸物件の情報を見ると家賃の他に共益費や敷金、礼金や仲介手数料などの項目が目に入るでしょう。家賃は一ヶ月分の賃料のことで、それと合わせて物件全体の管理費として毎月共益費を支払うことになります。一ヶ月に必要な料金は家賃と共益費を足した金額だということを覚えておきましょう。次に、敷金というのは大家さんや管理会社に預けるお金のことです。このお金は物件の修繕や退去時のクリーニングに使うことができるものです。多くを払う必要はないので、家賃の一ヶ月分程度のところを選ぶといいでしょう。0円になっている場合もありますが、修繕が必要になったときに困るので気をつけましょう。礼金は大家さんや管理会社に支払う礼金で敷金と違い返済されません。ここが0円になっている物件を選ぶことで費用を安く抑えることができます。また、仲介手数料無料と書かれている物件もたくさんあるでしょう。仲介手数料無料というのは、仲介業者へのお礼金が必要ないとうことです。これも費用を抑えるのに効果的な部分だといえます。敷金礼金0円という物件や仲介手数料無料という物件は、検索のときに絞り込むことができます。物件を絞り込むときに仲介手数料無料の欄にチェックを付けておけば当てはまる物件だけを見ることができるのです。